和田誠展 

和田誠展 
会期 2022年07月02日(土) ~ 2022年08月28日(日)
開催時間 10:00~18:00(観覧券の販売は17:30まで)
休館日 7/11(月)、7/25(月)、 8/8(月)、 8/22(月)
観覧料 一般1,400円(1,200円)/大学・高校生1,100円(900円)/中学生以下無料
会場 新潟県立万代島美術館
交通案内はこちら

和田誠(1936–2019)はイラストレーター、グラフィックデザイナーとして広く知られています。そのほかにも装丁家や映画監督、エッセイスト、作曲家、アニメーション作家、アートディレクターなどさまざまな顔を持ち、その創作の広がりはとどまるところを知りません。
本展は、和田誠の膨大で多岐にわたる仕事の全貌に迫る初めての展覧会です。和田誠を知るうえで欠かせない30のトピックを軸に、83年の生涯で制作した多彩な作品を紹介します。きっとこれまで知らなかった和田誠の新たな一面に出会えることでしょう。

 

1 2

1.『きまぐれロボット』(文・星新一)カバー 1999 理論社 / 2. オリジナルアニメーション「MURDER!」原画  1964 多摩美術大学アートアーカイヴセンター蔵

前売券のご案内(7月1日まで販売)

お得な前売券(一般のみ販売 1,100円 *一般当日券は1,400円)を4月23日(土)から、県内プレイガイドやコンビニ等で販売します(~7月1日)。

販売期間

2022年4月23日(月)~7月1日(金)

販売場所

電子チケット

「和田誠展」

前売券(電子チケット)販売専用サイト

コンビニエンスストア

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ

*店内端末「JTBレジャーチケット」画面から入り、4社共通商品番号0259684を入力して選択してください。

ご購入方法は、下記のサイトをご参照ください。

JTBレジャーチケット買い方ガイド

県内プレイガイドなど

*新潟県内のNIC新潟日報販売店でもお取り寄せができます。

和田誠展 前売券販売所一覧(529KB)

展覧会のみどころ

好きなことを好きなだけ。和田誠をめぐる30のトピック。

1. 未来を予感させる子どもの頃の絵や映画日記「和田誠になるまで」
2. 「ハイライト」をデザイン「ライトパブリシティの時代」
3. 独特の色彩と大胆な構成で映画ファンを夢中にさせた「新宿日活名画座ポスター」
4. 文化的交流が後の仕事にもつながった「草月アートセンター」の仕事
5. 作りたいものは自分で作る。最初の絵本は「私家版絵本」
6. 大胆な発想でのびのびと「谷川俊太郎との仕事」
7. グラフィカルでアイデア満載、画法もバラエティに富んだ「絵本」
8. 楽しくやさしく「児童書のイラストレーション」
9. 回文、しりとり、数え歌。ことばあそびの魅力「ことばのこばこ」
10. 挿絵、訳詞も手がけたライフワーク「マザー・グースの世界」
11.「みんなのうた」第一回目は和田誠の「アニメーション」
12. 少ない要素で特徴をつかむ職人芸「似顔絵」
13. 音楽、映画、ショービズ、青年期を綴る「エッセイ」
14. 一流の映画ファンは一流の「映画監督」
15. 手がけた書籍は2000冊以上「装丁」
16. 装丁に見る「和田文字」
17. 31センチ角の舞台「LPジャケット」
18. 趣味の域を超えるあたたかなメロディ「作曲」
19. 音楽、劇場、映画、広告など幅広く「ポスター」
20. 革新的雑誌のアートディレクション「話の特集」
21. 真面目に遊ぶ「パロディ」
22. クスッと笑えるユーモアの「ひとコマ漫画」
23. シンプルでぬくもりのある「ロゴ・マーク」
24. 長く続いたシリーズ「ロングランの仕事」
25. 描いた表紙は約2000点、40年続いた「週刊文春」
26. お気に入りのモチーフ「猫」
27. 愛情豊かに「家族との仕事」
28. 絵ができるまで「ただいま制作中」
29. 初めての本は1960年「著書200冊」
30. 83年間の膨大な仕事・交友・出来事を視覚的にたどる「ビジュアル年表」

 3  4
5 6

3.「新宿日活名画座」ポスター 1959 / 4.『ことばのこばこ』より 1995 瑞雲舎(1981初版 すばる書房) / 5.『とぶ』(文・谷川俊太郎)より 1978 福音館書店 多摩美術大学アートアーカイヴセンター蔵 / 6. 「快盗ルビイ」映画ポスター 1988

国民的イラストレーターの仕事、あれもこれもそれも。

ライトパブリシティに入社後すぐ、指名コンペで採用。代表作、たばこ「ハイライト」のデザイン。
「ハイライト」パッケージ版下 1960 多摩美術大学アートアーカイヴセンター蔵

 

1977年から40年間、2000号分描いた『週刊文春』の表紙絵。
『週刊文春』表紙 2017 

 

新潟ゆかりのデューク・エリントンも。
ジャズ愛溢れる『ポートレイト・イン・ジャズ』は村上春樹とのコラボレーション。
《デューク・エリントン》 個展「JAZZ」より 1992

和田誠(わだまこと/1936-2019)


和田誠 photo: YOSHIDA Hiroko

大阪生まれ。
多摩美術大学図案科(現・グラフィックデザイン学科)卒業。広告デザイン会社ライトパブリシティに入社し、たばこ「ハイライト」のデザインなどを手掛ける。同社退職後は、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしてだけでなく、映画監督、エッセイ、作詞・作曲など幅広い分野で活躍した。妻は料理愛好家・平野レミ。
ブルーリボン賞、菊池寛賞、毎日デザイン賞、講談社エッセイ賞など、各分野で受賞多数。

主催:新潟県立万代島美術館、新潟日報社、NST新潟総合テレビ、和田誠展新潟実行委員会
特別協力:和田誠事務所、多摩美術大学、多摩美術大学アートアーカイヴセンター
企画協力:ブルーシープ、888ブックス
後援:新潟市、新潟市教育委員会、NHK新潟放送局、NCV(株)ニューメディア、FM新潟77.5
協力:新潟県立美術館友の会

画像すべて ©Wada Makoto