乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界

乙女のデザイン  大正イマジュリィの世界
会期 2019年10月05日(土) ~ 2019年11月24日(日)
開催時間 10:00〜18:00(観覧券の販売は17:30まで)
休館日 10/7(月)、10/28(月)、11/11(月)
観覧料 一般1,100(900)円/大学・高校生 900(700)円/中学生以下無料
前売券(一般のみ)900円 
※( )内は有料20名以上の団体料金
※ 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方は無料。受付で手帳をご提示ください。
会場 新潟県立万代島美術館
交通案内はこちら

大衆文化が盛んになり、印刷技術が進歩した大正時代。美しい装幀の書籍や、街で目にする華やかなポスターなど、人々は様々な図像を身近に楽しむようになりました。「夢二式」と呼ばれる女性像で人気を集めた竹久夢二や、日本の商業デザイナーの草分けともいえる杉浦非水が登場したのもこの時期です。当時の書籍、雑誌、挿絵、広告、絵はがき等、モダンでかわいいデザインの数々により、日本のグラフィックデザイン史の出発点をふり返ります。

杉浦非水《ささやき》『東京』第2巻第3号表紙 1925年 個人蔵