MOE 40th Anniversary 人気絵本のひみつ展  

島田ゆか 酒井駒子 ヒグチユウコ ヨシタケシンスケ なかやみわ

MOE 40th Anniversary 人気絵本のひみつ展  
会期 2019年07月13日(土) ~ 2019年09月23日(月)
開催時間 10:00〜18:00(観覧券の販売は17:30まで)
休館日 7/22(月)、8/5(月)、8/19(月)、9/9(月)
観覧料 一般 1,100(900)円/大学・高校生 900(700)円/中学生以下無料
前売券(一般のみ)900円 
※( )内は有料20名以上の団体料金
※ 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方は無料。受付で手帳をご提示ください。
会場 新潟県立万代島美術館
交通案内はこちら
割引券情報 割引券ページを表示する
[対応端末:PC・スマホ・携帯対応]

国内外の絵本作家・児童書作家と信頼を築き、絵本に関する最新情報を発信してきた月刊雑誌『MOE』。その創刊40周年を記念し、5人の人気絵本作家―島田ゆか、酒井駒子、ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケ、なかやみわ―による原画展を開催します。幅広い世代を惹きつける5人の貴重な絵本原画約200点を一堂に展示するほか、スケッチやダミー本、設定資料など絵本制作に関わる資料やゆかりの品々も展示し、5人の作家それぞれの魅力と世界観に迫ります。

展覧会のみどころ

現在の絵本を代表する5人の作家が集結!

近年、子どもだけでなく、大人も夢中にさせる幅広い魅力を持った絵本が増えています。本展でご紹介する5人は、その「現在の絵本」を語る際に欠かせない注目の作家ばかり。実力も人気も兼ね備えた5人の絵本原画を一度にご覧いただける貴重な機会です。

原画以外もおもしろい!絵本の設定資料やスケッチ、作家の私物も展示。

絵本の制作段階で作られた設定資料やダミー本、アイデアの詰まったスケッチ、作家ゆかりの品々など、作品が生まれる課程や作家の人となりをより深く知ることのできる資料を展示します。

絵本を自由に読めるコーナーや、楽しいフォトロケも。

自由に手にとれる絵本を展示室内にご用意。原画と見比べながら楽しめるだけでなく、今まで知らなかった絵本と出会える機会にもなるでしょう。また展示室やロビーには、楽しいフォトロケなども設置予定。展覧会の楽しい思い出を是非写真でもお持ち帰りください。

展覧会オリジナルグッズが見逃せない!絵本やぬいぐるみも販売します。

ミュージアムショップでは、作家自身がセレクトしたポストカードセットやイラスト入りマスキングテープなどの展覧会オリジナルグッズをはじめ、『MOE』のバックナンバーや絵本、ぬいぐるみなど、見逃せない商品を多数取りそろえる予定です。

出品作家プロフィール

島田ゆか

1963年東京都生まれ。東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。カナダ在住。パッケージデザインの仕事などを経てフリーに。1994年『バムとケロのにちようび』(文溪堂)で絵本作家デビュー。主な絵本に『バムとケロ』シリーズや『かばんうりのガラゴ』(文溪堂)、『ぶーちゃんとおにいちゃん』(白泉社)など。第4回MOE絵本屋さん大賞受賞。個性あふれるキャラクター、楽しい発見がたくさん詰まった細部の描写など、大人と子どもをわくわくさせる絵本を数多く発表している。

【出品予定作品】『バムとケロのさむいあさ』、『バムとケロのおかいもの』、『バムとケロのもりのこや』、『かばんうりのガラゴ』、『うちにかえったガラゴ』、『ぶーちゃんとおにいちゃん』

島田ゆか 『ぶーちゃんとおにいちゃん』©YUKA SHIMADA/ OJIGI BUNNY INC./ HAKUSENSHA

酒井駒子

1966年兵庫県生まれ。東京藝術大学美術学部油絵科卒業。1998年『リコちゃんのおうち』(偕成社)で絵本作家デビュー。主な絵本に『よるくま』(偕成社)、『よるくま クリスマスのまえのよる』(白泉社)、『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など。日本絵本賞、講談社出版文化賞絵本賞、ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌など、国内外での受賞歴多数。子どもの世界を繊細に描き出す作風で、大人のファンも多い。小説などの装画・挿絵の仕事も多数手がけている。

【出品予定作品】『よるくま』、『よるくま クリスマスのまえのよる』、『ロンパーちゃんとふうせん』、『BとIとRとD』

酒井駒子『よるくま クリスマスのまえのよる』©KOMAKO SAKAI/ HAKUSENSHA

ヒグチユウコ

多摩美術大学卒業。主な絵本に『せかいいちのねこ』『ギュスターヴくん』(ともに白泉社)、『すきになったら』(ブロンズ新社)など。主な画集に『ヒグチユウコ作品集』『ヒグチユウコ100POSTCARDS[Animals]』『BABEL Higuchi Yuko Artworks』(以上、グラフィック社)など。細密な絵画表現と、不思議な生き物たちの織りなす幻想世界は大人も魅了する。ファッションブランドや画材メーカー等、様々な企業とコラボ。また、オリジナルブランドを展開するなど、幅広く活動している。個展『ヒグチユウコ展CIRCUS』が2019年から全国を巡回中。

【出品予定作品】『ギュスターヴくん』、『せかいいちのねこ』、『いらないねこ』、『ほんやのねこ』

ヒグチユウコ『ギュスターヴくん』 ©YUKO HIGUCHI/ HAKUSENSHA

ヨシタケシンスケ

1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。イラストレーターとして長く活動し、2013年『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で絵本作家デビュー。以降現在までにMOE絵本屋さん大賞を5回受賞。2018年の「小学生が選ぶ“こどもの本”総選挙」では、10位までに4冊がランクインした。主な絵本に『もう ぬげない』(ブロンズ新社)、『なつみはなんにでもなれる』(PHP研究所)、『つまんない つまんない』(白泉社)など。絵本のほか、日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や児童書の挿絵、イラストエッセイなど多岐にわたり作品を発表している。

【出品予定作品】『りんごかもしれない』、『りゆうがあります』、『もうぬげない』、『なつみはなんにでもなれる』、『つまんない つまんない』、『それしか ないわけ ないでしょう』

©SHINSUKE YOSHITAKE/ HAKUSENSHA

なかやみわ

1971年埼玉県生まれ。女子美術短期大学造形科グラフィックデザイン教室卒業。企業のデザイナーを経て、『そらまめくんのベッド』(福音館書店)で絵本作家デビュー。主な絵本に『そらまめくん』シリーズ(小学館・福音館書店)、『くれよんのくろくん』シリーズ(童心社)、『どんぐりむら』シリーズ(学研)、『やさいのがっこう』シリーズ(白泉社)など。愛らしいキャラクターたちが活躍する絵本作品は、たくさんの親子から大きな支持を得ている。

【出品予定作品】『そらまめくんのベッド』、『そらまめくんとめだかのこ』、『くろくんとふしぎなともだち』、『くろくんとちいさいしろくん』、『やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち』、『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』、『やさいのがっこう とうもろこしちゃんのながいかみ』

なかやみわ『やさいのがっこう とうもろこしちゃんのながいかみ』©MIWA NAKAYA/ HAKUSENSHA

会期中のイベント                                    

島田ゆか サイン会

7月20日(土) 13:00~/15:30~(各回50名様)
万代島美術館ロビーにて(要整理券。サイン会当日、当館ミュージアムショップで対象書籍(『ぶーちゃんとおにいちゃん』)またはポストカードセットを購入の方に10時から整理券を配布します。サインはお一人様1冊まで。)

 

なかやみわ トーク&サイン会

8月25日(日)14:00~ 美術館ロビーにて

●トーク=申込不要/参加無料 ●サイン会(15:15頃~)=要申込

[サイン会申込方法] 8月1日(木)10:00から電話受付(025-290-6655)。先着50名様。当館ミュージアムショップで購入した対象書籍(「やさいのがっこう」シリーズ)またはポストカードセットが必要です。サインはお一人様1冊まで。

絵本の読み聞かせ

7月28日(日)14:00~ [読み手] TeNY 久保田紗也加アナウンサー
7月31日(水)11:00~ [読み手] ほんぽーと新潟市立中央図書館司書のみなさん
9月15日(日)11:00~ [読み手] ほんぽーと新潟市立中央図書館司書のみなさん

展示室内絵本コーナーにて/要観覧券/申込不要

協力:ほんぽーと新潟市立中央図書館

 

新潟展限定 ARフォトロケコーナー

専用アプリをダウンロードしてスマホで写真を撮れるコーナーです。

絵本の世界に入り込んだような写真撮影をお楽しみください。

 

アートとなかよし おしゃべり優先タイム

会期中 毎日10:00~13:00
小さいお子さんが元気におはなししてもOK!親子やお友だち同士で、作品の感想を話しながらリラックスしてご鑑賞ください。
※他の時間帯でお客様同士の会話を制限するものではありません。
※この時間帯は通常より会場内がにぎやかになることが予想されます。皆様のご理解を賜りますようお願いいたします。

 

この他、展覧会・関連イベントの最新情報は、万代島美術館やTeNYのウェブサイト、公式ツイッターなどで随時追加・更新していきます。

 

[主催] 新潟県立万代島美術館/TeNYテレビ新潟/MOE展新潟実行委員会/白泉社
[共催]新潟日報社
[協力]偕成社/童心社/PHP研究所/福音館書店/ブロンズ新社/文溪堂/新潟県立美術館友の会
[後援]新潟市/新潟市教育委員会/エフエムラジオ新潟/FM PORT 79.0/FM KENTO/ラジオチャット・エフエム新津/エフエム角田山ぽかぽかラジオ/エフエムしばた/燕三条エフエム放送/ケーブルテレビNCV