原田治 展 「かわいい」の発見

原田治 展 「かわいい」の発見
会期 2023年01月28日(土) ~ 2023年05月07日(日)
休館日 月曜日(ただし、3月20日、5月1日は開館)
観覧料 一般1,200円(1,000円)/大学・高校生900円(700円)/中学生以下無料
※( )内は有料20名様以上の団体料金
※ 障害者手帳をお持ちの方は観覧料免除(受付で手帳をご提示ください)
会場 新潟県立万代島美術館
交通案内はこちら

「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、イラストレーター・原田治(1946-2016)。シンプルな線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターは70年代後半から90年代に爆発的な人気を博し、今も幅広い世代に愛されています。幼少期の資料やデビュー当時の仕事、広告・出版・グッズなど多岐にわたる作品を網羅した、没後初となる全国巡回展です。

 

「原田治 展」公式サイト

 

 

原田治(1946-2016)プロフィール

東京生まれ。多摩美術大学デザイン学科卒業。1970年、当時創刊された「an・an」でイラストレーターとしてデビュー。1976年、「マザーグース」を題材としたオリジナルのキャラクターグッズ「OSAMU GOODS」の制作の開始、女子中高生の間で大人気となる。1984年、ミスタードーナッツのプレミアム(景品)にイラストを提供、以降シリーズ化され、一世を風靡する。1997年、イラストレーターを養成する「パレットクラブスクール」を、生まれ育った築地に開設。主な著書に『ぼくの美術帖』ほか。

展覧会のみどころ

初公開資料多数。幼少期までさかのぼる、網羅的な回顧展。

たとえ原田治の名を知らずとも、そのかわいらしいキャラクターたちには見覚えがあるはずです。ミスタードーナツのプレミアム(景品)を思い出す人も多いでしょう。今回の展覧会では、お馴染みのスタイルが確立する以前の初期の仕事を、幼少期までさかのぼって展示します。すでに画才を発揮していた小学校時代のスケッチブックや、イラストレーターとしてデビューするきっかけになったニューヨーク滞在時の作品など、初公開資料も多数展示します。

少年期の絵日記 1954年

オサムくんの意地悪シール集
「平凡パンチ女性版」平凡出版 1970年

「an・an」第47号 1972年 平凡出版
アートディレクション:堀内誠一
表紙イラストレーション:原田治

原田治のスタイル=「かわいい」を確立したOSAMU GOODS。

代表作であるOSAMU GOODSが誕生したのは1976年のこと。80年代に大流行したキャラクター雑貨やファンシーグッズの先駆けでした。ちなみにハローキティが誕生したのは1974年。70年代半ばに生まれたこの2つのキャラクターグッズが、その後のブームを牽引しました。 当時、原田治は雑誌の取材に対して次のように語っています。

 イストレーションが愛されるためには、どこか普遍的な要素、だれでもがわかり、共有することができうる感情を主体にすることです。そういった要素のひとつであると思われる「かわいらしさ」を、ぼくはこの商品デザインの仕事のなかで発見したような気がします。(「別冊美術手帖」1983年秋号より )

「かわいい」には、時代性や趣味性を凌駕する普遍性があるという発見。今回の展覧会の副題は、この記事が元になりました。

HUMPTY DUMPTY(OSAMU GOODS®用原画)
1970年代後半-1980年代前半

スクールバッグ(OSAMU GOODS®) 1992年
©Osamu Harada / Koji Honpo

ミスタードーナツ
キャンペーン用キャラクター
1986年

幅広い分野における多彩な仕事を紹介。

原田治は雑誌のカットや書籍の装幀、企業の広告や各種のグッズ、絵本やエッセイなど、幅広い分野において多彩な仕事を残しました。今回の展覧会は、その全貌を見渡す試みでもあります。

「POPEYE」表紙イラスト 1978年 平凡出版 

浅田彰『逃走論』装幀 1984年 筑摩書房

カルビー「ポテトチップス」
マスコットキャラクター 1976年

 

主催:新潟県立万代島美術館、UX 新潟テレビ21、原田治展新潟実行委員会
後援:新潟県教育委員会、新潟市、新潟市教育委員会、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、NCV(株)ニューメディア、FM 新潟77.5、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ、エフエムしばた、燕三条エフエム放送
協賛:ホテル日航新潟
協力:コージー本舗、トムズボックス、パレットクラブ、新潟県立美術館友の会
企画協力:世
田谷文学館
企画制作:コスモマーチャンダイズィング
会場設計:五十嵐瑠衣
アートディレクション:服部一成

会期中のイベント

ワークショップ「オリジナル缶バッジをつくろう!」

原田治さんのポップなイラストに色を塗って、オリジナルの缶バッジをつくりましょう。
2月の土日祝日 10:00~13:00/美術館展示室/参加無料(要観覧券)/事前申込不要(各日先着50名)

新潟初出店!OSAMU GOODSショップがオープン

会期中、特設ミュージアムショップにてOSAMU GOODSを販売します。
新作グッズの先行販売をはじめ、昔懐かしい復刻商品まで、
多彩なラインナップをご用意しています。※お支払いは現金のみとなります。

© OSAMU HARADA/KOJI HONPO

期間限定でホテル日航新潟31階Befcoばかうけ展望室にオープン。
オリジナルメニューなど、ここでしか味わえない限定メニューが楽しめます。
※詳細・予約はホテル日航新潟のHPをご覧ください。

展覧会カタログ ※会場および全国書店にて販売中

『OSAMU’S A to Z 原田治の仕事』(240ページ、A5判、並製)

発行:亜紀書房  価格:2,400円(税別)
エッセイ:中野翠、土井章史(トムズボックス)、及川賢治(100%ORANGE)
アートディレクション:服部一成

前売券のご案内

お得な前売券(一般のみ販売 1,000円 *一般当日券は1,200円)を、県内プレイガイドやコンビニ等で販売します。

販売期間

2022年12月24日(土)~2023年1月27日(金)

※ 12月17日(土)から万代島美術館にて先行販売

販売場所

電子チケット

「原田治 展 「かわいい」の発見」

前売券(電子チケット)販売専用サイト

 

コンビニエンスストア

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ

*店内端末「JTBレジャーチケット」画面から入り、4社共通商品番号「0261455」を入力して選択してください。

ご購入方法は、下記のサイトをご参照ください。

JTBレジャーチケット買い方ガイド

 

県内プレイガイドなど

「原田治 展」 前売券販売所一覧