古代アンデス文明展

古代アンデス文明展
会期 2018年03月21日(水) ~ 2018年05月06日(日)
開催時間 10:00~18:00 ※観覧券の販売は17:30まで
休館日 4月16日(月)
観覧料 一般 1,300(1,100)円 大学・高校生 1,100(900)円 中学生以下無料
※()内は有料20名以上の団体料金
前売券※一般のみ販売 1,100円
前売券情報 前売券情報はこちら
会場 新潟県立万代島美術館
交通案内はこちら

南米大陸西岸に栄えた古代アンデス文明の環境は、世界の他の文化に類を見ないほど多様でした。南北の広がりは4000キロメートル、標高差は海岸の砂漠地帯から人が住む限界の高地まで4500メートルにも及び、それぞれの環境に多彩な文化が盛衰を繰り返しました。また、トマトやトウガラシ、ジャガイモなど、今やなくてはならない作物も古代アンデスの地で育まれ、後に世界の料理を変えたと言われています。本展覧会では、地上絵で知られるナスカや黄金の都といわれたシカンなど、アンデス文明を代表する9つの文化を、優れた意匠の土器、織物、黄金製品やミイラなど、選び抜かれた約200点の貴重な資料を通して紹介します。アンデスに人類が到達した先史時代から、16世紀のスペイン人によるインカ帝国征服まで、約1万5千年の文明史をご覧ください。

 

展示構成

 

序 章 人類のアンデス到達とその後の生活

 

第1章 アンデスの神殿と宗教の始まり

 

第2章 複雑な社会の始まり

 

第3章 さまざまな地方文化の始まり

 

第4章 地域を超えた政治システムの始まり

 

第5章 最後の帝国-チムー王国とインカ帝国

 

第6章 身体から見たアンデス文明

主な展示作品


《象嵌のマスク》モチェ文化(紀元200年頃から750/800年頃)ペルー文化省・国立博物館所蔵 

 


《細かい細工がほどこされた金の装飾品》シカン文化(紀元800年頃から1375年頃)ペルー文化省・国立ブリューニング考古学博物館所蔵

 


《土製のリャマ像》ワリ文化(紀元650年頃から1000年頃)ペルー文化省・国立考古学人類学歴史学博物館所蔵

 


《カラササヤで出土した金の儀式用装身具》ティワナク文化(紀元500年頃から1100年頃)
先コロンブス期貴金属博物館/ボリビア ラパス市所蔵

 


《縄をかけられたラクダ科動物(リャマ?)が描かれた土製の皿》ナスカ文化(紀元前200年頃から紀元650年頃)ディダクティコ アントニーニ博物館所蔵

 


《男児のミイラとその副葬品》チリバヤ文化(紀元900年頃から1440年頃)
ペルー文化省・ミイラ研究所・チリバヤ博物館所蔵
 

撮影:義井豊

見どころ

 

・本展で紹介する9つの文化のうち、ティワナク文化ワリ文化の資料は日本初上陸!

 

・アンデスでは、エジプトよりも早く、7000年前には意図的に加工したミイラが作られていました。

本展では3体のミイラを展示します!

 

・約200点の貴重な資料に加え、有名なマチュピチュ遺跡やナスカの地上絵、ウユニ塩湖などの豊富な映像も

交えて、アンデス文明の姿をご覧いただきます!

会期中のイベント

講演会「古代アンデス文明 その誕生から滅亡まで」

日 時:3月21日(水・祝)14時~15時30分

会 場:NICOプラザ会議室(朱鷺メッセ内 万代島ビル11階)

講 師:篠田謙一氏(国立科学博物館副館長 兼 人類研究部長)

※聴講無料・申込不要・先着120名

 

「#アンデスってなんです?」クイズ&スタンプラリー

アンデス文明にまつわるクイズに答えながら、かわいいスタンプを集めよう!

会場:展示室

※申込不要・要観覧券

 

 

 

 

主 催:新潟県立万代島美術館、BSN新潟放送、新潟日報社、古代アンデス文明展新潟展実行委員会

特別協賛:三井ホーム、三井のリフォーム

協 賛:第四銀行

後 援:ペルー大使館、ボリビア大使館、新潟市、新潟市教育委員会、NCV新潟センター、エフエムラジオ新潟、  
          FM PORT 79.0、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽか ラジオ、
          エフエムしばた、燕三条エフエム放送株式会社、新潟日報美術振興財団

協 力:ペルー文化省、ボリビア文化観光省、NTTドコモ、クントゥル・ワシ調査団、
          国立民族学博物館、東京大学総合研究博物館

企画制作 :国立科学博物館、TBSテレビ