新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展

新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展
会期 2014年07月04日(金) ~ 2014年08月31日(日)
開催時間 10:00~18:00 ※観覧券の販売は17:30まで
休館日 7月7日(月)、8月4日(月)
観覧料 一般 1,100円(900円)、大・高校生 900円(700円)、中学生以下無料
※( )内は有料20名以上の団体料金
※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料です。受付でご提示ください。
会場 新潟県立万代島美術館
交通案内はこちら

《新潟だけの単独開催!》

近藤喜文(1950-98)は、新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーターで、スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられていました。唯一の長編監督作品「耳をすませば」(1995)で大成功を収めますが、その後しばらくして急逝し、多くの人々からその才能を惜しまれました。本展では、スタジオジブリの協力のもとで、彼の描いたキャラクター・デザインやアニメーション原画、イメージボード、スケッチなどを多数展示し、清潔な人柄と温かな眼差しから生まれた近藤喜文の世界を紹介します。

 

TeNYテレビ新潟 特設サイト◆共同主催のTeNYテレビ新潟特設サイト◆
近藤喜文展概要ほか前売券情報、イベント情報などがご覧いただけます。

 

 新潟市マンガ・アニメ情報館 公式サイト

◆マンガ・アニメ情報館連動企画◆
「近藤喜文展」会期中は、同展チケット持参でマンガ・アニメ情報館の常設展が100円割引、
情報館企画展のチケット持参で近藤喜文展の観覧料が100円割引となります。

 

交通案内はこちら

近藤喜文

近藤喜文(こんどうよしふみ 1950-98)

 1950年、新潟県五泉市生まれ。
68年、新潟県立村松高校卒業後、Aプロダクションに入社。アニメーターとして「巨人の星」「ルパン三世」「ど根性ガエル」「パンダコパンダ」などで活躍。
「未来少年コナン」を経て、78年、日本アニメーションに入社。79年放映の「赤毛のアン」(演出:高畑勲)でキャラクターデザイン、作画監督に抜擢される。
80年、テレコム・アニメーション・フィルムに入社。「名探偵ホームズ」の後、日米合作映画「リトル・ニモ」の共同監督の一人として準備を進めたが、降板。
87年、スタジオジブリに入社し「火垂るの墓」のキャラクターデザイン、作画監督を務める。高畑勲、宮崎駿の信頼も厚く、以後も「魔女の宅急便」「おもひでぽろぽろ」「紅の豚」「平成狸合戦ぽんぽこ」などで活躍。95年公開の「耳をすませば」で、初めて劇場用長編の監督を務めた。
98年、解離性大動脈瘤により、47歳の若さで永眠。
メリハリのあるアクションから細やかな生活芝居まで手がける高い技術と、仕事に妥協を許さない姿勢は、多くのアニメーターに影響を与えた。

出品作品より

 

「名探偵ホームズ」イメージボード 1981年 
©RAI・TMS

 

 「魔女の宅急便」イメージボード 1989年
©1989 角野栄子・二馬力・GN

 

「赤毛のアン」LDボックス用イラスト 1992年
©NIPPON ANIMATION CO., LTD.

 

会期中のイベント

新潟市ジュニア合唱団によるミュージアム・コンサート 終了しました

出演:新潟市ジュニア合唱団
日時:7月12日(土)11:30~12:00
会場:美術館ロビー(申込不要・参加無料)
「耳をすませば」のテーマ曲「カントリーロード」やジブリのアニメに関わる曲などを歌います。
誰でも一度は耳にしたことのある楽曲を演奏予定です。

〈プログラム〉
君をのせて    『天空の城ラピュタ』主題歌より
カントリーロード 『耳をすませば』主題歌より
めぐる季節    『魔女の宅急便』イメージソングより
さんぽ      『となりのトトロ』主題歌より
※プログラムは都合により変更する場合があります。
 

〈プロフィール〉
歌の大好きな小学2年生から高校3年生まで、約110人の団員で活動しています。レパートリーは、宗教曲などのクラシック音楽、日本の歌、ポピュラー、合唱ミュージカルなど多彩で、市内外の少年少女合唱団との交流演奏会や東京交響楽団新潟定期演奏会、新潟市が主催するイベントへの出演をはじめ、オペラ、りゅーとぴあ専属オルガニスト山本真希との共演、宮川彬良のアンサンブル・ベガやコンチェルタンテⅡへの出演など、活発に活動しています。

 

ギャラリートーク  終了しました

解説:スタジオジブリ 制作業務部 広報担当部長 橋田真氏
日時:8月2日(土) 14:00~ 
会場:美術館展示室(申込不要・当日の観覧券が必要です)
スタジオジブリ関連作品のコーナーで、近藤喜文さんやジブリ作品についてお話をしていただきます。 

ポッチャリーノ弦楽四重奏団によるミュージアム・コンサート 終了しました

出演:ポッチャリーノ弦楽四重奏団
日時: 8月9日(土)14:00~14:30
会場:美術館ロビー(申込不要・参加無料)
よく知られているジブリの名曲を中心に演奏します。

〈プログラム〉
 風の谷のナウシカ 『風の谷のナウシカ』主題歌より
 君を乗せて    『天空の城ラピュタ』主題歌より
 となりのトトロ  『となりのトトロ』主題歌より
 カントリーロード 『耳をすませば』主題歌より
 もののけ姫    『もののけ姫』主題歌より
 いつも何度でも  『千と千尋の神隠し』主題歌より
 世界の約束~人生のメリーゴーランド 『ハウルの動く城』主題歌より
 崖の上のポニョ  『崖の上のポニョ』主題歌より
 ひこうき雲    『風立ちぬ』主題歌より
※プログラムは都合により変更する場合があります。

 

〈プロフィール〉
2008年に市内オーケストラのぽっちゃりしたメンバーにより結成。
結成記念演奏会を上中下越佐渡で行う。
日常はクラシック主体の演奏ながらも、映画音楽やジャズ、ポップス、演歌までと幅広くレパートリーをもつ。
コンサート活動の他に、幼児から「聴いて・観て・さわって」楽しめる体験型のコンサートを数多く企画し、ラ・フォル・ジュルネ新潟ではキッズステージを担当し好評を博している。

展示室内特設コーナー 

○ぬりえコーナー
 会場:美術館展示室(申込不要・当日の観覧券が必要です)
 *近藤喜文さんのイラストに色をぬってみよう!

○撮影コーナー
 会場:美術館展示室(申込不要・当日の観覧券が必要です)
 *「耳をすませば」の世界を再現。 

NIIGATAアートリンク2014

4月19日(土)~2015年3月31日(火)の期間中、当館および新潟県立近代美術館、新潟市美術館、新潟市新津美術館の4館で、スタンプラリーを実施します。
 詳しくは、美術館に置いてあるチラシをご覧ください。

 

 

交通案内はこちら 

 

■主催
新潟県立万代島美術館/TeNYテレビ新潟/近藤喜文展実行委員会

■共催
新潟市/新潟市教育委員会/五泉市/五泉市教育委員会

■企画制作協力
スタジオジブリ/三鷹の森ジブリ美術館

■協力
日本テレビ放送網

■後 援
読売新聞新潟支局/NCV新潟センター/エフエムラジオ新潟/FM PORT 79.0/FM KENTO/ラジオチャット・エフエム新津/エフエム角田山ぽかぽかラジオ/エフエムしばた/燕三条エフエム放送株式会社

■協 賛
株式会社ブルボン